すべて

「まんぷく」で、本もまんぱい。

By 2020年5月21日 No Comments

今年は、NHKの朝ドラも、コロナの影響で、大幅にスケジュールが変更されそうですね。2年前、少しお手伝いさせていただいた「まんぷく」。チキンラーメン、カップヌードルを世に送り出した安藤百福さんと、奥様 仁子さんをモチーフに物語が綴られましたね。

あのころは、5月くらいからのドラマ撮影があったと思うので、それと同時にメイキングドラマ番組の方も、いろいろ調べていきます。ゆかりの地に行ったり、関連本を集めたり、当時から残る老舗を訪ねたり…時々、古い番組の資料も見させていただきます。

今回は、その中で、本です。今、ちょうど、フェイスブックで7日間ブックカバーチャレンジ、しているので、何かないかなと探してたら、かたまって見つかったので、ここで、ほんの一部、紹介します。

安藤百福さんの本は、もちろん、当時の大阪食文化や当時からある大阪の味など、いろいろ。毎回、取材と同時に、あれこれ本を買うので、置き場に困って、いつの間にか、どこに行ったかわからなくなります。

この本、分厚いのですが、食い倒れと大阪について、いろいろ書いてあるので、面白い。ふぐの由来は?鱧は沼島から?なにわの伝統野菜って?読みだしたらとまらない。

安藤百福さんは、台湾の出身です。1910年、明治43年生まれ。大阪に出てきて、後にチキンラーメンを開発するのですが、実は、妻の祖父も、台湾出身で、ちょうど同じ年齢くらいなんですね。神戸に出てきて、真珠の会社を立ち上げ、家族の半分くらい、神戸に呼び寄せたそうです。豪放磊落な方で、私は、晩年しか知らないですが、同郷で関西を舞台に活躍していたので、もしかしたら、知り合いだったかもしれませんね。

まあ、番組に関係する本を手あたり次第、集めてしまうので、置き所に困ります。いずれ、書庫バーみたいなのしたいのですが、いつになることやら。では、また明日。

(放送作家 早川真)

All rights reserved Hybrid.