すべて

風街ヘブン 神戸の魅力 作詞家 松本隆 画家 寺門孝之 奇跡のコラボ絵画展 

By 2020年10月26日 No Comments

昨日、奇跡のコラボ絵画展に行ってきました。

作詞家の松本隆さん、画家の寺門孝之さん、神戸で出会い、素敵な天使が、舞い降りてきました。

「赤いスイートピー」松田聖子さんの歌が、流れていますね。

大瀧詠一さん。学生時代に、初めて世の中に登場したウォークマンで聞きました。あの頃の情景がすぐ浮かびます。出だしの曲の鮮やかさは、まさに天然色でしたね。

皆さんは、この絵画、松本隆さんの どの歌詞だと思いますか?

画家の寺門さんは、同じ神戸で、同じ年齢で、同じマンションに20数年。昨日も、松本隆さんの曲が、少年のころから、ずっとそばにあったねと、話し合いました。

今年の4月、マンションのロビーで出会ったとき、北野での絵画展、どうかな?と聞かれて、厳しいでしょうねと、応えたのが昨日のようです。残念でした。

でも、こうして、秋晴れの相楽園で、開催されることに、私はとてもとても嬉しく楽しく喜んでおります。

昨日は、久しぶり奥様とも出逢い、子供の話や近況について、お話させていただきました。

テレビ番組の制作や広告の世界で、私も35年。

松本隆さんは、50年という節目の年だそうです。

私が、現在、プロデューサー、放送作家、コピーライター、CMプランナーなどの職歴を重ねてきた原点は、作詞でした。

小学生のころから、ひとりで詩を書いて、中学生のときに、ギターを弾いて、歌っていました。

35年間のクリエーター人生の中で、実は、何度か、作詞をしたこともありますが、そちらのデビューはありませんでした。

これから、1か月間は、開催しているそうなので、新神戸からウォーキングしながら、相楽園へ。

松本隆さんの世界と、寺門孝之さんが描く天から舞い降りてきた絵画、何度も見に行きたいと思います。

でも、本当に奇跡みたいな絵画展ですよね。

神戸に住まいを移された松本隆さん。出逢い。コロナで、少し風待ちになったようですが(寺門さん談)、皆さまも、ぜひ、楽しんでください。

また、私は、次に行った感想を綴りますね。

(プロデューサー 放送作家 早川 真)

All rights reserved Hybrid.